細江英公・澤本徳美「写真の見方」がおすすめです

過去エントリー写真集を日常的に買う人はいますか、どのように楽しみますかでも紹介しましたが、写真好きなら必読と私が思っている一冊、「写真の見方」をあらためて読んでみました。世界の写真家による極めて代表的な写真を、お二人がどのように見るかをコメントしながら、19世紀から20世紀の写真史をつかもうというものです。短いコメントなのですが、いつ見ても(読んでも)参考になるものばかりです。写真ってどう見たら良いのだろう…と思う方は是非。

写真の見方
写真の見方

posted with amazlet on 06.11.22
細江 英公 沢本 徳美
新潮社
売り上げランキング: 559052

気になる言葉がいくつかありました。まずは細江さんのこれ。

我々は、写真を見る時、被写体ではなく実はそれを見ている写真家の目、姿勢、思想といったものを鑑賞しているのです。

この他にもあります。写真へのコメントなので写真がないと意味がわからないものもありますが、いくつかご紹介させていただこう。例えば…

“細江英公・澤本徳美「写真の見方」がおすすめです” の続きを読む

回転寿司でベルカーブ(正規分布)を発見しました

またしても、少々ユルいエントリーです。

我が家は、月に1〜2度、お寿司屋さんに行きます(といっても最近は回転寿司が多いのですが…)。どこにいくかというと、六本木ヒルズの「ぴんとこな」、六本木の「雛寿司」、渋谷の「美登利寿司」、新宿の「北澤倶楽部」、あとはチェーン店。そして年に1〜2度気合いを入れて行くか行かないかですが、六本木の「いけ勘」です。

写真は、先日「美登利寿司」に行ったときに、店員さんが娘にくれた、まぐろの形をした飴です。
sushi_candy.jpg

で、何がベルカーブだったかですが…

“回転寿司でベルカーブ(正規分布)を発見しました” の続きを読む

中村好文・坂田和實・山口信博「素と形」を読みました

中村好文(建築家)、坂田和實(古道具店主)、山口信博(グラフィック・デザイナー)が、「拾い集めた」日用品の数々。針金ハンガー、木の器、積み重ねたガラス、おろし金、レンゲ、ロール紙、H鋼、クリップ・・・など。どれも形のつくられかたに個人の匂いがしないものばかり。それらをまとめて展覧会にしたのが「素と形」(松本市美術館)。そしてその図録が本書です。

素と形
素と形

posted with amazlet on 06.11.29
松本市美術館 NPO法人松本クラフト推進協会
ラトルズ
売り上げランキング: 39730
おすすめ度の平均: 4.0

4 光を浴びた日常生活品の美しさ

小泉佳春さんの光と空気をつかんだような写真がとても印象的です。本としては満足です。

機能美または無名の美。本書は、さまざまな日用品を再発見します。日用品は機能性が重視され、時間によって淘汰されるため、デザイナーの個性が入り込む余地がなく、シンプルなものが生き残る。デザインを考える者としてそこから学ぼう、というメッセージが伝わってきます。

同時にデザイナーがデザインに自己表現をこめることを批判しています。機能主義ですね。機能主義自体は新しい主張ではありませんが、今、この時に、お三方の視点で対象を選んだということは評価できるし、そこから「素形」が浮かび上がってくるのが確かに感じられます。しかし気になった点が1つあります。それは…

“中村好文・坂田和實・山口信博「素と形」を読みました” の続きを読む

早寝・早起き・朝ご飯・反復学習…陰山英男「学力の新しいルール」を読みました

久々に「学び」に関するエントリーを書きます(そもそも、この「学びとIT」というテーマこそが当ブログを始めるきっかけだったのです)。さて、陰山英男さんの本を読みました。あの、「百ます計算」の陰山さんです。

学力の新しいルール
学力の新しいルール

posted with amazlet on 06.11.29
陰山 英男
文藝春秋
売り上げランキング: 84195
おすすめ度の平均: 4.0

4 参考にさせてもらってます!
4 知らないことがいっぱい
4 教育現場から

子を持つ親としては、我が子の教育がどうあるべきか、あれこれと考えてしまいます。特に教育に関する議論沸騰中のこの時期ですから、陰山さんの見解を本書から伺っておきましょう。気になる内容はというと…

“早寝・早起き・朝ご飯・反復学習…陰山英男「学力の新しいルール」を読みました” の続きを読む

時々、Google AdSenseのマッチング結果にグッタリしてしまいます

当ブログでは、エントリーの個別ページの末尾に、Google AdSenseの広告を入れています。Google AdSenseは、スクリプトが、配置されたページの内容とマッチする広告を自動でそのページに表示する仕組みなのですが、時々さっぱりマッチしていない英語の広告が表示されてしまうことがあります。何だか「このページの内容ってー何かにマッチさせるほど主張がはっきりしてないー」とGoogleさんに言われているようで、グッタリしてしまいます。

そこで、RSS広告社のTrend Matchという広告を、メインページ右下と、各エントリーページの右に入れてみました。その結果は…

“時々、Google AdSenseのマッチング結果にグッタリしてしまいます” の続きを読む

来週のアジア競技大会(ドーハ)が楽しみです

過去エントリー12月はカタールでアジア選手権と、ブラジルでワールドカップですねでも書きましたが、あっという間に今週末は12月。来週はアジア大会ですね。

    番組名・第15回アジア競技大会

  • 放送日時・2006年12月3日(日) NHK-BS1 01:25〜(04:00) 柔道決勝/体操男子団体決勝ほか
  • 放送日時・2006年12月4日(月) NHK-BS1 01:25〜(04:00) 柔道決勝/体操女子団体決勝ほか
  • 放送日時・2006年12月4日(月) NHK-BS1 23:00〜(00:00) 体操男子個人総合/競泳予選
  • 放送日時・2006年12月5日(火) NHK-総合 01:10〜(03:00) 体操男子個人総合/競泳予選
  • 放送日時・2006年12月6日(水) NHK-BS1 01:45〜(04:00) 柔道決勝/体操男女種目別決勝
  • 録画・カタール・ドーハ

楽しみです。ちなみに体操の会場は…

khalifa_stadium.jpg

“来週のアジア競技大会(ドーハ)が楽しみです” の続きを読む

巨大本の閲覧用の台を探しています

過去エントリーで、私がどうやら巨大な本が好きであることを、何度か書きました。

ご紹介した本のうち、「CENTURY」や「TOM FORD」は持っているわけですが、これらの本を閲覧するのに適当な台がなくて、ついつい本を開くのが面倒になってしまって、困っています。何せ重いので。すると先日、青山ベルコモンズのそばの無印良品に行った際、「これは台にちょうどいいのでは?」というものを見つけました。それは…

“巨大本の閲覧用の台を探しています” の続きを読む

当ブログのエントリーがパターン化してきました

  • 日常感じたことについて、類似のエントリーのあるブログを探してトラックバックしつつ書く
  • 買ってよかったものについて、アマゾンへのリンクを貼りつつ書く
  • 欲しいものや買う予定のものについて、アマゾンへのリンクを貼りつつ書く
  • 主に建築の写真を撮って感じたことについて、アマゾンへのリンクを貼りつつ書く
  • 本を読んで感じたことについて、アマゾンへのリンクを貼りつつ書く

アマゾンだらけですね。開き直って、本日時点での、アマゾンのベストセラーのバナーリンクを貼ることにします。

「のだめ」ばかりになってしましました。昨日テレビでドラマをやっていましたしね。無理もありません。ちなみに、現時点でのアマゾンでDVDのベストセラーとなると…

“当ブログのエントリーがパターン化してきました” の続きを読む

今週末AXISバザー開催だそうです

AXIS Basaar 2006を発見。AXISビルのほとんどのテナントが参加している模様です。

1年間のご愛顧への感謝を込めた、年末恒例の「AXISバザー」。輸入家具やインテリア雑貨、ステーショナリーなどが特別価格で手に入る2日間です。この機会にぜひ、AXISビルへ!

楽しそうなので、行ってみようと思います…混むでしょうか。

村上隆「芸術起業論」を読みました

本書は是非ゆっくり読んでください。サーッと読んで大意をつかむには向かないと思います。なぜか。それは本文の組み方にあると思います。一文ごとに改行して文頭を一文字分下げるという本文の組み方をしています。しかも1つのパラグラフは結構大きい。これはゆっくり読む場合には有効です。なぜなら一文一文が区切れるので結果として文ごとに全力投球!というパワーが伝わってくるから。しかしサーッと読んで大意をつかみたい場合には不向きです。流れがつかみづらい。改行が多いので、視線の上下移動も多くなる。それから本書は心なしか接続語も少ない気がします。これはひょっとして口述筆記なのでしょうか(真偽不明です)…と、とにかく、ゆっくり読んでください。

芸術起業論
芸術起業論

posted with amazlet on 06.11.26
村上 隆
幻冬舎
売り上げランキング: 699
おすすめ度の平均: 4.0

4 すばらしい!
4 芸術に限らない人生論
4 暗黒大陸ガイドブック

で、気になる内容ですが…

“村上隆「芸術起業論」を読みました” の続きを読む