「東京建築ガイドマップ−明治大正昭和」購入

最近、仕事で神田ー日本橋界隈にいることは過去エントリー神田近辺に残る古い建物に書きました。とにかく古い建物が多いのです。そりゃあ東京駅に近いんだから当たり前か。

そう思っていた矢先に、この界隈の近代建築を総括する本が出ているのを発見しました。

東京建築ガイドマップ−明治大正昭和
倉方 俊輔 斉藤 理
エクスナレッジ
売り上げランキング: 17000

“「東京建築ガイドマップ−明治大正昭和」購入” の続きを読む

アルゴリズム行進が、マスゲームに…

過去エントリー3チャンネルって案外すごいで書きましたが、我が子は、ピタゴラスイッチのアルゴリズム体操と、アルゴリズム行進にめちゃくちゃハマっています。1日に何度も録画を見ているようです。目下、彼女をあやすのにはこれが一番です。

先日、YouTubeでアルゴリズム行進を検索してみたら、とんでもないものを見つけました。

“アルゴリズム行進が、マスゲームに…” の続きを読む

神田近辺に残る古い建物

ここ最近、新たな案件で、神田駅近辺に来ている。神田駅というと山手線の内側を神保町の古本屋街へ向かって歩いたことはあった。しかし外側はほぼノーマークだった。

街区はグリッド。道に迷うことはない。小さな道に入り込むと一方通行が多い。建物は大小さまざまだが、古い建物が比較的多く残っているという印象。

kanda070216_01.jpg
例えば、山梨中央銀行。規模は小さめ。落ち着いた雰囲気。看板がひとつ付いているだけというのがいいのだろう。

今夜も「おなじ屋根の下で」を見ました

第一回の「すし屋 客のいない時間」を見てから、あっという間に4回も見逃してしまいましたが、今夜の「薪(まき)のお風呂屋さん」は、たまたま見ることができました。

途中の文字スーパーも少ないし、撮影者からの話しかけは一切ない。ナレーションもない。すると自然に出演者のほうから話しかけてくる。なかなかいい番組だ。

「東京から考える」読み始め

東さんが新居探しを並行している時に行われた対談らしくて、「東京」を「味わう」感じが良く出ています。まだ半分くらいしか読んでいませんが、軽快なのりで読みやすい。

東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム
東 浩紀 北田 暁大
日本放送出版協会
売り上げランキング: 902
おすすめ度の平均: 3.5

5 白熱の対話
1 若手のスター学者とスター批評家(自称)の自堕落な自分語り
5 「ジャスコ化」の果てに

液晶テレビを買いました

先日、有楽町ビックカメラへ行き購入した液晶テレビが本日我が家に届きました。「LC-20EX1」というのですが、微妙に型落ちなのか、SHARPのサイトにもamazonにも「LC-20EX1-S」というのしかありませんでした。(訂正:保証書にはちゃんとLC-20EX1-Sと書いてあった)

“液晶テレビを買いました” の続きを読む

日本民芸館に行きました

過去エントリー展覧会に行こうかの「いま見るならこれ展覧会リスト」には入っていませんが、日本民芸館に行ってきました。

070212_00.jpg
館内は撮影禁止なので、外で。梅が咲き始めていました。

3月25日まで日本民藝館創設70周年記念特別展「柳宗悦と丹波古陶」というものが開催されています。

“日本民芸館に行きました” の続きを読む

国立新美術館は混んでいました

過去エントリー国立新美術館にいかなくちゃで書いた通りに、黒川紀章展を見に国立新美術館に行ってきました。ビックリするぐらいに混んでいました。入り口にチケットを買う人の行列が。「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005 ポンピドー・センター所蔵作品展」というのがやっていて、しかもそれを見ると、今日だけ特別に平野啓一郎さんの講演が聴けたらしいです。だからなのか、とにかく混んでいました。

midtown070211.jpg
国立新美術館への道すがら。いよいよ完成してきましたね。東京ミッドタウン。

“国立新美術館は混んでいました” の続きを読む