鹿島丈博選手が負傷(骨折)

9月1日からドイツ・シュツッドガルドで開催される第40回世界体操選手権の代表として現地入りしていた鹿島丈博選手が、練習中に左手第4中手骨を骨折したと日本体操協会のサイトに書かれていた。

(体操協会のサイトから引用)怪我発生の状況
 8月23日(木)午後の練習中、あん馬の旋回技である一腕上上向き全転向(軸手は右手)を実施した際、把手(ポメル)を 握り損ね、ポメルを固定する金属の部分に左手甲の部分を強打して負傷。

いわゆるメリーゴーラウンド(E難度)。鹿島選手得意の鞍馬でケガとは….

鹿島選手、ケガと手術から復帰し、上り調子なかんじだっただけに残念。。。

「いつまでもデブと思うなよ」を読んだ

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
岡田斗司夫
新潮社 (2007/08/16)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 4.5

3 目新しさはなく
5 「自己コントロール」の技術を学ぶための入門書
5 自分も痩せなきゃ!と思えます。

まぁ読んだけど。とても太っている人が、普通になるための本。著者が提唱する「レコーディング・ダイエット」とは次のようなもの。

まず1日に食べたものを記録に残すところから始める。次第にカロリー計算し、1日のカロリーを制限していく。最後は少し運動もする。著者はそれを1年かけておこない、50キロやせたという。

いきなり過激な方法をとらず、段階的に成果を得ながら進めていくのがポイント。でも、117キロから50キロ減らして67キロにするのと、72キロから65キロにするのは、やっぱりちょっと違うよなぁ。

とはいえ….1日に食べたものと運動した量を記録に残すことを始めてみることにする。

六本木にリーンロゼ

AXIS向かい、大中のとなりにリーンロゼができるようだ。昨夜AXISビルを出てふと気づいた。サイトには東京ショップ、秋オープンとあった。

POPだけは好き。

AXISフォーラム岩井俊雄の回に行ってきた

「どっちが岩井俊雄」というお題での講演。娘さんの存在や、社会に影響をあたえる仕事をしたいと思っていることで、作風に変化がでてきていることなど。

話の軸は「TENORI-ON」と「リベット君」。「TENORI-ON」については、6年にわたる開発の苦労など。商品化にこぎつけるまでの、世界各地の展覧会やライブパフォーマンスを重ねた努力。今夜はも岩井さんが講演中にデモしてくれた。ICCでだったと思うけど「音楽のチェス」を実際に触ったときの感覚、楽しさを思い出した。「TENORI-ON」欲しい〜!….英国で2週間後に販売開始だそうだ。日本でも。。。きっと。

リベット君については「おもちゃを買って与えるのではなくて、作る過程を目の前で見せる。すると娘が俄然のってきた。」という話。父親としてみならいたいものだ。なに作ろうか。

今、読みたい本

プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)
福岡 伸一
講談社 (2005/11)
売り上げランキング: 2670
おすすめ度の平均: 4.0

5 星の王子さま「ものごとは心でしか見ることができない」の科学版
5 良質な入門書
5 ブルーバックスの価値を示す良書

“今、読みたい本” の続きを読む

「パパズ ホテル 日本(ジャパン) 家族で行く! とっておきの旅ガイド」を読んだ

パパズ ホテル 日本(ジャパン) 家族で行く! とっておきの旅ガイド
稲葉 なおと
講談社 (2007/07/13)
売り上げランキング: 22196
おすすめ度の平均: 4.0

5 パパじゃないけど泊まりたくなる
3 ちと高いかな

「建築好き+ふらっと国内旅行してみようかしら」というあなたに必読の一冊。

建築は外から眺めるだけじゃ価値はわからない。内部から見なきゃ。長時間滞在できるならできるだけ長い時間過ごした方が良い。宿泊できるならなおさら….というのは建築好きには常識だ。ということで、本書は泊まれる現代建築の宝庫。本文では設計者名にアンダーラインを引く念の入れよう。

そしてリーズナブルな宿が多いのがいい。

掲載されている宿をいくつか挙げておこう。
「福島県男女共生センター女と男の未来館(槙文彦)」:一泊3800円〜
「千葉県立水郷小見川少年自然の家(横河建築設計事務所)」:一泊800円〜
「丹沢ホーム(原広司)」:一泊6500円〜
「国民宿舎天望立山荘(吉阪隆正)」:一泊11250円〜
など。さすがに安藤さんの直島は載ってなかったけど、他にも沢山。読んでるだけで楽しくなる。おすすめ!

スポーツ大陸「月面宙返りが体操を変えた〜ミュンヘン五輪 塚原光男〜」

スポーツ大陸「月面宙返りが体操を変えた〜ミュンヘン五輪 塚原光男〜」という番組が放送されるそうだ。間違いなく「トランポリンで感覚をつかんだ〜」などのエピソードが出てくるのだろう。もう何度も番組になったテーマだと思うが、それでも楽しみである。

(以下、日本体操協会のサイトから引用)前人未踏の技「月面宙返り」の開発に挑んだ塚原…。番組では完成までの苦難な道のりをひも解いていく。
2007年8月25日(土) 23:10分〜24:00 NHK BS-1
2007年8月27日(月) 18:00分〜18:50 NHK BS-ハイビジョン

「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」を観た

書きかけのまま日が経ってしまった。

さて、ゲーリーの映画が東急文化村で再び上映するということで、観て来た。子が生まれてからは、映画はすっかりご無沙汰である。ゲーリー本人へのインタビューを軸に、彼に長年にわたって理解を示してきたアーティストやキュレーター、批評家、建築家、セラピストなどへのインタビューを交えつつ、ゲーリーの建築家としての人生にシドニー・ポラックがどこまで迫れるかという構成。

“「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」を観た” の続きを読む

「藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門」を読んだ

(それが全くないとは言わないものの)タイトル通りにお金持ちになりたいというよりは江副浩正「不動産は値下がりする!」を読んだ以来、いまさらながら金融のメカニズムに少々興味を覚えたので、読んでみた。ちょうど、サブプライム問題で株価暴落のさなかということもある。

藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
藤巻 健史
光文社 (2006/03/24)
売り上げランキング: 20623
おすすめ度の平均: 3.0

3 平易で面白いが、資産インフレ論を信じられるか?
3 ダイジェスト・オブ・フジマキ
4 具体例が多く、初心者向けです

“「藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門」を読んだ” の続きを読む

Number685号に米田功選手の記事が

「天才の躓き」というタイトルで4ページの記事が。

シドニー落選からアテネ団体金メダル、北京へ向けて…となるはずが怪我と手術で出遅れる米田選手。9月の社会人大会で上位を目指す(上位入りすると代表候補1次枠に入れるそうです)という内容だった。

米田選手を冨田選手や鹿島選手を超える本当の天才とするのは、池谷・西川を育てたコーチ。そのコーチが指導する体操教室へ米田選手がはいるときのエピソードが載っていた。

“Number685号に米田功選手の記事が” の続きを読む