井上靖「おろしや国酔夢譚」を読んだ

おろしや国酔夢譚 (文春文庫 い 2-1)
井上 靖
文藝春秋 (1974/01)
売り上げランキング: 18229
おすすめ度の平均: 4.5

4 う〜んギャップに悩むなあ
5 人間の絶対的な孤独
4 人間性への希望と虚無感と

読了したのは数週間前のことなのだが。これは遅れてでも紹介せざるを得ない一冊。

椎名誠さんの本でシベリア冒険の話を読んで、そこで言及されていた井上靖「おろしや国酔夢譚」に手を出す。存在は知っていたものの、いままであまり意識してこなかった本書だが、これがとんでもなく壮絶なストーリーで、一気に読んでしまった。読んだ直後にもう一度読みたい、久々にそう思わせる一冊であった。

“井上靖「おろしや国酔夢譚」を読んだ” の続きを読む

Apple Keyboard(JIS) MB110J/A 購入

薄くて素敵。macbookを使っているので全く違和感なし。ただ、キーの表面がザラザラしているので、左手小指の爪が「Shift」を触りにいくときに、独特の「キー」って引っ掻くかんじになって、それがちょっと「かゆい」。

アップル Apple Keyboard (JIS) MB110J/A
アップルコンピュータ
売り上げランキング: 5091
おすすめ度の平均: 3.0

4 キーボードが変わったらキー配列が多少変わることを容認するかどうか
4 10年ぶりにキーボード単体を購入
1 時期尚早

来年はネズミ年

07120901.jpg

先日、我が家の庭にネズミの遺骸が。写真はそのネズミの遺骸と、それを狙う猫。

遺骸は数日間、猫にもてあそばれたのであろう、庭のなかであちこちと移動し、最後にはどこかへ行ってしまった。

今年の一文字は「偽」。祖母が亡くなって喪中なのに年賀状を買い込んでしまった。

www.arti-tokyo.com公開

12月1日公開、artiに関わった。サイトコーディング担当。アートディレクションはmatchさん。

arti071201.jpg

artiは家具ブランド。まだティーザー的なフラッシュサイトのみ。いまはまだ「空気」を作っているところ。今後、情報の充実を含め、さまざまな展開を予定している。12月6日はショールームのオープニングパーティだ。

今年も六本木ヒルズ

07120101.jpg

芋洗坂のふもとの、長らく閉じてた建物の2階にできた「MUJI Studio」というのが気になる。ちょうどこの写真を撮った方向の背後にある建物ね。