沢木耕太郎「敗れざる者たち」を読んだ

敗れざる者たち (文春文庫)
沢木 耕太郎
文芸春秋
売り上げランキング: 9844
おすすめ度の平均: 5.0

5 敗者をして真に敗者たらしめる為の書
5 哀れなほどの愚直さが美しい
5 戦後世代を代表するノンフィクションライターの傑作
5 ドランカー(酔いどれ)だけでも★5
5 沢木さんの最高傑作じゃないかな

なぜ、ここまでかっこいいのだろう。文章も、そしてそれを書く沢木氏も。なぜここまでかっこよく書けるのだろう。なぜ全く嫌味な感じがないのだろう。

本書は沢木氏のごく初期の文章だ、という。信じられないクオリティ。

彼は、一遍の文章を書くにあたって、沢山の人に取材している。(ほとんどの場合)必ず直接、本人に会って一次情報を得る。それがどんなに困難だろうと、相手がどこにいるかわからなくても、辿って辿って会いにいく。

取材の過程自体についても書く。取材自体がひとつの冒険のようにもなっている。そして、さりげなく、自分についても書く。取材相手に対峙する自分。

再び思う。なぜここまでかっこ良く、そして嫌味じゃないのか。美しすぎて、一瞬、これに脚色はないのか?とよぎったりもする。しかし、本当のことかどうか自体どうでもよくなってしまう。

花を見た

P1010021.jpg

土曜日。今年は花を見るだけ。飲み食いはナシ。そして明けて日曜日は雨だ。

ひとあし早い花見

(もう木曜も終わろうとしているけど)日曜日はアークヒルズへ。まだ桜は咲いてないことを承知で。家族でオーバカナルに行きたかったのだ。

P1000989.jpg

日曜日の段階ではまだ少ししか咲いてなくてこんな具合だったけれど、その後、今週は暖かかったから、いまごろアークヒルズの桜も、立派に咲いているのだろうね、きっと。恒例のアークヒルズ桜祭りは3月28日から。明日だ。でも今週末は行けないなぁ。

そういえば、去年は、東大の本郷キャンパスで花見をした。本郷へお花見、そして焼肉3日目に書いたけど、もう1年か。

沢木耕太郎 「無名」を読んだ

無名 (幻冬舎文庫)
無名 (幻冬舎文庫)

posted with amazlet on 08.03.25
沢木 耕太郎
幻冬舎 (2006/08)
売り上げランキング: 13786
おすすめ度の平均: 4.0

3 父と子の距離
4 文章が似ている。
5 格好いいです

息子として父の末期に向きあいながらあらためて父について考える沢木さんの物語。逆説的なようだが、子供がいる人におすすめしたい一冊。

しかし、なぜここまで、ドライに(しかも格好よく)、自分と親との話を書けるのだろう。

ふつうの親子の距離というものがあるとして、それとはまた別の、俯瞰的なというか、少し離れた親子の距離というものが感じられた。

世のほとんど全ての人は「無名」だ。でも、同じ人生は2つとない。

今、読んでる本

これはまぁ別に誰に伝えるわけでもなく、記録みたいなもの。

またフランスに行きたいなぁ。買おうと思ったら、妻が持ってたので、借りて読むことにした。

ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)
伊丹 十三
新潮社 (2005/03)
売り上げランキング: 28770
おすすめ度の平均: 4.5

4 自分の一番泊まりたいホテルに泊まり、
自分の一番いいと思うレストランで食事をする
4 ヨーロッパ退屈日記
5 「ジャガー」を「ジャギュア」と表記するこだわり

仕事関連では、ActionScript3へ。はい、その名も入門ノート。

Adobe Flash CS3 詳細! ActionScript 3.0 入門ノート (DVD付)
大重美幸
ソーテック社 (2007/08/13)
売り上げランキング: 5992
おすすめ度の平均: 3.5

4 FLASH使いでAS3.0をマスターしたい方には今の所ベストな本です
2 失敗・・・
5 入門者に必ず呼んでもらいたい

読みたい本

例えばwebでその存在を知って、欲しいなと思った本も、本屋で手にとって確認してから買うことが多いのだけれど、「Webデザインの「プロだから考えること」」は今日、ちらっと立ち読みして、良さそうだと思った。買うだろう。

Webデザインの「プロだから考えること」
鎌田 貴史 中村 洋基 水藤 祐之 深澤 洋介 遠崎 寿義 佐野 勝彦 勅使河原 一雅
インプレスジャパン (2008/03/14)
売り上げランキング: 656

MovableType4の波もようやく私の元に届いていて、4でサイトをつくることになった。これもちらっと立ち読みしたら、あくまでMT初学者向けなテイストだったので、ちょっと私には内容浅めだったけど、本としていい感じだったので、買うことになるのかもしれない。

Movable Type WEBデザインの新しいルール
荒木 勇次郎 松永 英明
翔泳社 (2007/10/17)
売り上げランキング: 54189
おすすめ度の平均: 3.0

1 注意!
1 大きな本なのに中身が薄い
3 中級者〜向け さまざまな情報を扱った本

そういえば、このごろブロックマンのことを思い出している。以前所属していた会社で、朝、有志であつまってコピーを配って輪読というか、読んだことがあった。この本は、英語とたしかドイツ語が並記されていて、英語の方を訳して読んだのだけれど、もう一度読み直したい。

Grid Systems in Graphic Design/Raster Systeme Fur Die Visuele Gestaltung
Josef Muller-Brockmann
Arthur Niggli (1996/00)
売り上げランキング: 9243
おすすめ度の平均: 4.0

4 「ブロックマンの最初に読む一冊」

で、文字のことも気になってる。でも、白川静さんの本はゆーっくり読むべきだなぁ、今の私はせわしなくて味わえないかもしれない。

漢字―生い立ちとその背景 (岩波新書)
白川 静
岩波書店 (1970/09)
売り上げランキング: 5365
おすすめ度の平均: 5.0

5 漢字は想像力の宝庫である
5 白川漢字学の入門に
5 漢字を見る目がかわります!

タイポグラフィもね。

モダン・タイポグラフィの流れ―ヨーロッパ・アメリカ1950s‐’60s
田中 一光 向井 周太郎
トランスアート (2002/04)
売り上げランキング: 75309
おすすめ度の平均: 5.0

5 タイポグラフィを教えてくれる一冊

なにせ「モダン・タイポグラフィの流れ」とならぶ「日本のタイポグラフィックデザイン―1925-95」は大好きな本だから。「モダン〜」にも期待したい。

日本のタイポグラフィックデザイン―1925-95
松岡 正剛 田中 一光 浅葉 克己
トランスアート (1999/02)
売り上げランキング: 152020

そういえば、片桐はいり「グアテマラの弟」を先日読んだばっかり。感想は別エントリーで書くけど、良い文体だった。「わたしのマトカ」にも期待したい。マトカとはフィンランド語で「旅」だって。映画撮影のためにフィンランドに1ヶ月滞在したのをきっかけに書かれた本とのこと。

わたしのマトカ
わたしのマトカ

posted with amazlet on 08.03.26
片桐 はいり
幻冬舎 (2006/03)
売り上げランキング: 1622
おすすめ度の平均: 4.5

5 個性的
5 作家はいりさんのファンになる本
4 心が ゆったりしました

ヒザが痛むんだよねぇ。ズキズキとかジーンではなくて、走り出したときとかにパキッっていうかゴリッっという感じ。イヤな感じということは間違いない。(体操やってたときにいろいろ怪我したからなぁ)ちらっと下記をよんだことがあるんだけど、いったんこわれたヒザは直ることはなくて、いかにそのままの状態をたもって延命するかが勝負みたいなことが書かれてて、ちょっとダークな気分になった。でも買って読んでみようか。

スポーツ医師が教えるヒザ寿命の延ばし方 (アスキー新書 023) (アスキー新書 23)
小山 郁
アスキー (2007/08/10)
売り上げランキング: 8617
おすすめ度の平均: 3.5

5 まだ健康な人こそ読むべき・・・
3 自分のヒザと長く付き合う方法
3 歩く前に読む

今夏、金沢でロン・ミュエクの展覧会が開催

2008年4月26日-2008年8月31日まで、金沢21世紀美術館「ロン・ミュエック」展が開催されるとのこと。作品集をもっていて、それを読んでいくつも作品を見たような気になっているけれど、東京国立近代美術館の展「連続と侵犯」で巨大な赤ちゃんの造形を見たことがあるだけ。実作を見れるチャンスが到来したので、ゼヒ見に行きたい。

ロン・ミュエクについてはロン・ミュエク(Ron Mueck)にみる、技を極めた人の発展性というエントリーも過去に書いた。

「連続と侵犯」は2002年末に開催。もう、6年近く前だなんて。

安部公房を全集で読み直したくなる

で、思い出したのが安部公房だけど。19くらいのころに沢山読んだ。やっぱり「砂の女」が一番記憶に残っている。読んだ小説でここまで映像的な記憶が残っているのも珍しい。それだけじゃない。砂というざらざらした感じや、汗のべとべと、ぬらっとした感触も一緒になって浮かんでくる。なぜかは読んでもらえればきっとわかってもらえると思う。とにかくものすごい小説。

あと「闖入者」という短編もすごく衝撃だった。

安部公房は亡くなってしまって、全集が出ている。学生のころ、5〜6巻まで出ていて、あー欲しいなぁと思っていたが、いつのまにか、29巻まで出ている。これでコンプリートか。

安部公房全集〈1〉1942.12‐1948.5
安部 公房
新潮社 (1997/07)
売り上げランキング: 323416

安部公房全集〈29〉1990.01‐1993.01
安部 公房
新潮社 (2000/12)
売り上げランキング: 438426

とりあえず、手元にある文庫を読み直すことにしよう。

「粟津潔 荒野のグラフィズム」で衝撃を受けた

P1000813.JPG

慌ただしく金沢に行ったので、金沢21世紀美術館には絶対行くぞと決めていたものの、企画展が何かは、金沢に行ってから知った。で、それは「粟津潔 荒野のグラフィズム」だったのだが、これがことのほか良かった。衝撃受けた。

会場の展示の仕方も良いし、内容も良い。聞くところによると、金沢21世紀美術館は、粟津さんの作品を(ポスターだけじゃなくてドローイングやスケッチやとにかくまるごと)全部の寄贈を受けたとのこと。

なにより、粟津さんが手がけた予告編(映画の)映像がすごかった。例えば。

予告編のみならず、しっかり見たくなった。

勅使河原宏の世界 DVDコレクション
パイオニアLDC (2002/04/14)
売り上げランキング: 36027
おすすめ度の平均: 5.0

5 おとし穴
5 他人の顔。人間の内面の重要性の認識。
5 日本の宝

砂の女 特別版
砂の女 特別版

posted with amazlet on 08.03.21
パイオニアLDC (2002/04/14)
売り上げランキング: 17310
おすすめ度の平均: 5.0

5 幸せってなんだろう。
5 コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
5 一言で言えない!

粟津潔サイトを見ると「横断的アーティスト&デザイナー」とある。確かに。