無題

P1050458.JPG

地下鉄を降りて、地上に出る直前の、あの感じが好きだ。

無題

P1050240.JPG

2人目の誕生から3週間が経過。その間、半分くらいは母親に泊まり込みで手伝いに来てもらっている。2人目にばかり意識がいってしまうことのないように、1人目にもあなたに注目していますよというメッセージが伝わるように行動する。

悪天候のなか外房へ

P1050187.JPG

房総R不動産の打ち合わせで外房へ。残念ながら天気が悪く、昼過ぎの時点では特急わかしおが運休で、しかたなく各駅停車の旅。蘇我までは順調だったが、その先の外房線のダイヤが乱れたためか、なかなか先に進んでくれない。目的の上総一ノ宮駅に到着したのは、東京駅を出てから3時間以上も経ってからだった。聞けば特急は東京駅であと2時間ほど待てば乗れたらしい。

到着後、房総R不動産で内覧会/オープンハウスを開催していた物件を早速見る。駅から近い。詳しくは物件詳細を見てもらうほうがいいと思うが(Master of Life)川べりにちょこんと置かれた箱(上写真)。内にいても外にいるような「アウトドアな」内部空間だった。

その日はどうしても泊まるわけにはいかなかったので、最終の快速で帰宅。帰りは、それはもう、すんなりと。あらためて、東京とのアクセスは良いことを再確認した(天気さえ悪くなければ)。今後定期的に行く予定。

朝の日本橋

P1040991.JPG

運動不足の日々。少しでも動こうと、日本橋の事務所に行くときには、銀座でおりて京橋、日本橋、三越前と歩くことにしている。

無印良品の「改革」を読んで

2006年11月刊なので、その後2年経っているわけだが。「わけありゆえに安価」というコンセプトがうまく行きすぎたがゆえに出てきた課題を解決しているーという経過を追った一冊。徹底した合理化で、店舗運営のコスト削減をはかると同時に、「わけあり」とは別のコンセプトによる商品ラインナップ(ワールドムジなど)を試行錯誤しながら打ち出して行く。これによりV字回復を遂げたという。発展的リニューアルのひとつの形をみた。

無印良品の「改革」―なぜ無印良品は蘇ったのか
渡辺 米英
商業界
売り上げランキング: 46976
おすすめ度の平均: 4.0

4 読みやすい
5 多店舗展開へ向けて
4 仕組みを創る
4 歴史を追うのにはいい
3 歴史本

macmini/iMacが買いやすくなってる

自宅のmacminiが遅くなってきたので、新しいマシン購入を検討しはじめて数週間。さきほどAppleStoreが準備中になってたのでコレは!と思っていたら、macminiと24inch iMacの値段がガクンとおちた。これは買いだ。