ggg「服部一成二千十年十一月」

そういえば最終日に滑り込みで見てきた。服部さんといえば私にとっては2002年ころの流行通信。自由だけど美しい、という雰囲気が好きだった。当時の数年分、ほぼ毎号捨てられずにいる。展示からはこれまでの一貫した作風が感じられた。手わざの繊細さ、アウトラインじゃない感じ。見ていて楽しい気持ちになってくる気持ちよさ。

Javaの教科書2

基礎からのサーブレット/JSP 第3版 (基礎からのシリーズ)
宮本 信二
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 104344

あぁ〜振り返れば、2ヶ月ほど前、教科書1の後は、この本の例題で、サーブレットが身に付いてきた感じ。実際に手を動かしてなぞるって大事だな、と思った。体が覚える感じ。

これはマスト、情熱大陸「内村航平」

観測することで観測対象が影響され、観測されなかった「現実」とは違う姿を見せる、という観測する側にとっても、観測されてしまわざるを得なかった側それぞれが抱えるジレンマ、という問題はさておき、3ヶ月近くを要するというウワサの情熱大陸の取材をひきつれながらも淡々と結果を残してきた、ということになる。

体操に関心を持ち始めてリアルタイムで見てきた選手でこんなに安定して結果を残している選手はいない、最大の的は怪我。このままロンドンに突き進んでほしい。

ということで、明後日の夜は情熱大陸、録画!

情熱大陸の個別ページ