ひゃくますver2

毎回、数値をランダムで表示するよ。答えの表示/非表示ができるようになったよ。

朝のドリル

新しい問題 答えを隠す 答えを見る
<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」
陰山 英男
小学館
売り上げランキング: 2678

百マス計算でバカになる (光文社ペーパーバックス)
寺脇研
光文社
売り上げランキング: 71051

百ます計算の真実 (学研新書)
陰山 英男
学習研究社
売り上げランキング: 182700

情熱大陸「宮本哲也」の回を見ました

そういえば当ブログを開始したのは、娘が生まれて、教育とITのこれからについてリサーチしたり考えたりしたいと思ったことがきっかけでした。

算数塾講師・宮本哲也、47歳。試験なしで先着順に、生徒を選ばず入室させているにもかかわらず、首都圏最難関中学への進学率80%以上という驚異的な実績を誇る算数教室を主宰するカリスマ講師だ。 彼は自らを「無手勝流(むてかつりゅう)算数・家元」と呼び、質問は一切受けない、子どもたちに考えさせる、という「教えない」スタイル、いわば「指導なき指導」を展開している。自身が考案したユニークな教材と緊張感あふれる授業展開により、子どもたちに自ら問題に向かう学習姿勢を身につけさせる。「生きる力としての学力を身につければ、ささやかな副産物として入試の合格が得られる。」そう語る宮本が子どもたちに望むことは何なのか?彼が考える算数の本当の目的とは?番組では、算数のカリスマ講師・宮本の人物像そして無手勝流算数の真髄に迫り、算数の面白さを再発見する。(情熱大陸サイトより引用)

学生の頃、家庭教師をしていました。いろんな生徒さんがいました。本当にやる気があってこちらの要求についてくる人は少なかったです。やる気があるといっても口だけになってしまう人。やる気が空回りの人。まったくやる気がない人もいました。私の場合、本人にやる気がないと、どうしようもありませんでした。そこをなんとかするためにお金を払っているんだと生徒の親御さんはお思いでしょうが、ないやる気をもり立てるのは非常に難しかったです。

でも、いくら無試験・先着順でとった生徒の80パーセントを難関中学に導いたといっても、生徒さんが通ったのはこの塾だけではないですよね、きっと。もしそうならすごい。

この算数塾の基本方針は、勉強に取り組む姿勢と緊張感を教えるから後は自分でやれということ。管理を放棄し、本人の自主性に任せる ...まさにその通りだと思います。塾や家庭教師が短い時間でできるのはそれくらい。具体的な方法としては、まず特定の教科の1つの分野にとことん取り組むことがあるでしょう。

私が知りたかったのは、この塾の歴史です。この算数塾は10数年の歴史があるらしいのですが、最初のころの評判の立ち方と、今の状況は全然別のものだと思います。実績がない状態で、どのようにして生徒さんが入ってきたのか...そのあたりが知りたかったです。今回の情熱大陸は少し情報量が足りないと思いました。

早速、アマゾンで上位を獲得していますね。こういうときは、まだまだテレビの威力があるのだなーと感じます。

宮本算数教室の教材賢くなるパズルたし算初級―小学校全学年用
宮本 哲也
学研
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 5.0
5 計算ドリルではやる気の出ない子どもにおすすめです

早寝・早起き・朝ご飯・反復学習…陰山英男「学力の新しいルール」を読みました

久々に「学び」に関するエントリーを書きます(そもそも、この「学びとIT」というテーマこそが当ブログを始めるきっかけだったのです)。さて、陰山英男さんの本を読みました。あの、「百ます計算」の陰山さんです。

学力の新しいルール
学力の新しいルール
posted with amazlet on 06.11.29
陰山 英男
文藝春秋
売り上げランキング: 84195
おすすめ度の平均: 4.0
4 参考にさせてもらってます!
4 知らないことがいっぱい
4 教育現場から

子を持つ親としては、我が子の教育がどうあるべきか、あれこれと考えてしまいます。特に教育に関する議論沸騰中のこの時期ですから、陰山さんの見解を本書から伺っておきましょう。気になる内容はというと...

"早寝・早起き・朝ご飯・反復学習…陰山英男「学力の新しいルール」を読みました" の続きを読む

東京大学MEETシンポジウムの内容レポートが本家で公開されています

過去エントリー東京大学MEETシンポジウムは五十嵐健夫助教授の内容が良かったですでも書いた東京大学MEETシンポジウムですが、昨日(今頃?)シンポジウムの概要レポートがMEETのサイトにて公開されたようです。

"東京大学MEETシンポジウムの内容レポートが本家で公開されています" の続きを読む

東京大学MEETシンポジウムは五十嵐健夫助教授の内容が良かったです

例えばeラーニングですが、ITと学習に関心があります。ということで、ちょうどいいタイミングで東大でテーマが関連するシンポジウムが開催されるとの情報をキャッチして行ってきました。 MEET関連イベント(6/14) まず、MEETって?ですが、MEETの活動概要にMEETについての説明があります。
MEETとは東京大学 大学総合教育研究センター マイクロソフト先進教育環境寄附研究部門の愛称です。英語名称であるMicrosoft chair of Educational Environment and Technologyの頭文字をとったものです。「高等教育の未来との出会い」というメッセージを込めています。 MEETは、マイクロソフトの寄附により、東京大学 大学総合教育研究センター内に設置されている研究部門です。2006年4月から3年間の活動を予定しています。
マイクロソフトの教育現場に進出活動の一環なのですね。 ということで、農学部前の弥生講堂一条ホール(設計は香山壽夫)に行ってきましたので、簡単にレポートしてみます。 "東京大学MEETシンポジウムは五十嵐健夫助教授の内容が良かったです" の続きを読む

学習ツールをユーザが使い続けるための条件

  1. 情報量が多い
  2. 疑問が残らない
  3. ユーザ間のコミュニケーションが活発化される
  4. ユーザ間の競争が生まれる
  5. ユーザ間の協調が生まれる
  6. ユーザの利用状況に応じて記録が残り、内容が変わっていく
  7. 楽しい
  8. 内容への信頼感
  9. 伝える内容に応じ最適な手段が用意されている(動画/画像/音声/テキスト)
  10. インタラクティブ
  11. 動作レスポンスが早い
  12. ユーザーインタフェースはストレスを感じさせない
  13. 進捗管理、遅れていたら催促される

教育をゲームとしてとらえる

シリアスゲームという言葉があるらしい。キャッシュから要旨は以下の通り。
スクエア・エニックス社と学習研究社とが共同出資し、株式会社SGラボを立ち上げる。社名はSerious Gameから。受注によるコンテンツ制作をおこなう。対象は子供からお年寄りまで、メディアとしてのゲームが今後5年〜10年で定着する可能性がある。学習や研修のほか、医療や介護、企業広報、政府広報などを想定する。