TAMIYA

お盆は妻の実家がある静岡に滞在。タミヤサーキットとその隣にあるレインボーテンという模型屋さんに行ってみた。

タミヤサーキット…RCカーグランプリをテレ東で見ていた頃を思い出した。案外こじんまりしていた。またラジコンやりたくなった。

タミヤグランプリ

レインボーテンでは、久々に模型屋の、あれなんだろうなシンナーなのかな、独特のニオイを嗅いだ。

Atomic

うわーどうしたらいいんだ!

原発がどんなものか知ってほしい(全)

原発は確かに電気を作っています。しかし、私が二〇年間働いて、この目で見たり、この体で経験したことは、原発は働く人を絶対に被曝させなければ動かないものだということです。それに、原発を造るときから、地域の人達は賛成だ、反対だと割れて、心をズタズタにされる。出来たら出来たで、被曝させられ、何の罪もないのに差別されて苦しんでいるんです。

みなさんは、原発が事故を起こしたら怖いのは知っている。だったら、事故さえ起こさなければいいのか。平和利用なのかと。そうじゃないでしょう。私のような話、働く人が被曝して死んでいったり、地域の人が苦しんでいる限り、原発は平和利用なんかではないんです。それに、安全なことと安心だということは違うんです。原発がある限り安心できないのですから。

それから、今は電気を作っているように見えても、何万年も管理しなければならない核のゴミに、膨大な電気や石油がいるのです。それは、今作っている以上のエネルギーになることは間違いないんですよ。それに、その核のゴミや閉鎖した原発を管理するのは、私たちの子孫なのです。

そんな原発が、どうして平和利用だなんて言えますか。だから、私は何度も言いますが、原発は絶対に核の平和利用ではありません。

だから、私はお願いしたい。朝、必ず自分のお子さんの顔やお孫さんの顔をしっかりと見てほしいと。果たしてこのまま日本だけが原子力発電所をどんどん造って大丈夫なのかどうか、事故だけでなく、地震で壊れる心配もあって、このままでは本当に取り返しのつかないことが起きてしまうと。これをどうしても知って欲しいのです。

ですから、私はこれ以上原発を増やしてはいけない、原発の増設は絶対に反対だという信念でやっています。そして稼働している原発も、着実に止めなければならないと思っていあす。

原発がある限り、世界に本当の平和はこないのですから。

このままなんとなくまた今までの日常に戻ってしまうのか

2011

2010末は、Webディレクター/コーダーからJavaプログラマーに舵を切ることができた。引き続き、2011前半はJavaの地固めに専念したい。

2010年末の反省としては体調を崩したこと。風邪を長引かせてしまった。そしてまだ完治してない。健康体なプログラマはひとつの理想。早く治して、2011は体調を管理し、リズムよく仕事する年にしよう。

(写真はリニューアルしたばかり赤坂 キャピトル東急)